×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[PR]Samurai Sounds
JR東海 100系JR西日本 100系
 1964年の東海道新幹線開業から製造していた0系は、開業当時から運用されている車両において、列車同士の
すれ違いやトンネルで生ずる高圧空気による金属疲労が発生し、これにより気密構造を維持出来なくなって来たほか、
数々の経年不良が相次いで見つかった。
 日本国有鉄道(国鉄)は0系を廃車にする基準を製造後13年とし、古い0系を新たに製造した0系で置き換える事が
数年続いた。
1985年先行試作車が落成し、主に、設計変更は、旅客サービスに振り向けられ、3列シートも1040mmのシートピッチ
で回転可能になり、定員減少になる部分は、2階建て車両を導入、食堂車、売店車を2階建ての一部に組み入れた。
 今では、普通になっている、ドア上の表示機も100系で導入された。また、車内でのミュージックサービスとNHK
ラジオの再送信を始められた。
 先頭車の形は、より鋭い形になり「シャークノーズ」とも呼ばれる。 
 最高運転速度 230km/h(山陽新幹線)だったが、今は、220km/h。
国鉄時代


2階建て車両 JR西日本 リニューアル編成 JR西日本 リニューアル編成
JR西日本 リニューアル編成


JR西日本 リニューアル編成 JR西日本 リニューアル編成 JR西日本 リニューアル編成
JR西日本 リニューアル編成