×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

JR東海 N700系JR西日本 N700系
 700系の後継車両としてJR東海、JR西日本の共同開発により2005年に量産先行車が完成した。
300系や700系との共通運用を考慮しつつ、曲線通過スピードの向上、乗り心地の向上、車内の静粛性、
さらなる環境対策、省エネ性の向上を推進しようというものである。
 東海道区間の最高速度は、270km/hであるが、車体傾斜システムにより従来255km/hの制限のある曲線
区間を270km/hで走行しようというものである。最高運転速度 300km/h。(山陽区間)
 電動車比率は、700系の12M4Tから14M2Tとなり、モーター出力も275kWから305kWにアップされた。
また、加速性能が2.6km/h/sとなり、通勤電車並みになり、最高速度に到達されるまでの時間が短縮された。
 全車両に車体間ダンパと改良したセミアクティブサスペンションを採用し、車間部は、全周ほろで覆うタイプとして、
デッキの静粛化も行った。
 客室は、全席禁煙となり、喫煙室が設けられた。

新神戸にて


新神戸にて 新神戸にて 新神戸にて
新神戸にて


新神戸にて 新神戸にて 新神戸にて
ロゴ


喫煙室 デッキには、防犯カメラも設置
(側ドア上部)
デッキ〜貫通路
グリーン車


車体間ダンパと全周ほろ 座席のテーブル
座席の使い方マニュアル
(G車)
車内情報装置は、フルカラー化
側窓上部にある、空調吹き出し口


座席のリクライニングボタン
(G車)
肘掛のコンセント
(G車)
読書灯は、背もたれにあります。
(G車)

東京にて